日記・コラム・つぶやき

1月も、もう9日

あけましておめでとうございます。
というのが、本当に遅くなりました。

正月休みで、どうも体も頭もなまってしまったようです。
しかし、ここでお知らせです。
冬の相楽園は本当に静かな庭園ですが、二つの工事が始まります。
一つは、塀沿いの外周園路の補修工事。
もう一つは、正門の瓦の補修工事。
どちらも、開園には影響ないのですが、少しだけ皆様にはご迷惑おかけすると思います。

申し訳ありませんが、ご協力お願いいたします。

20100109kantsubaki01

ラブラブ

伝統ある神戸菊花展ですが、中には少し遊び心のある展示もあります。
懸崖仕立てで作られたハートの形。
二つ並んだハートの懸崖の前では、「かわいい」と言って多くの方が写真を撮っていかれます。

若いカップルから熟年カップルまで、恥ずかしがらずに記念写真をぜひどうぞ。

20091108kiku01

4年目にしてやっと

相楽園の指定管理者として管理運営を行い始めたのが3年前の2006年。
当時、ここにきっと何かがあったに違いないと思った場所が敷地の南西角にある四阿。
調べてみると、もともと又新亭(ゆうしんてい)という茶室があった場所だったということがわかりました。

飛び石や腰掛待合の名残、流れに蹲(つくばい)があり、露地であることが分かります。
その流れ蹲に降りていく手前にあった灯柱(現在使用せず)をやっとのことで、撤去することができました。
柱の跡には飛石を敷きました。
少しずつですが、露地を再現していきたいと思っています。

20090714roji01

笹の葉びゅんびゅん

先週の土曜日から、恒例の七夕飾り。
お願い事を短冊に書いて、笹に飾り付けます。

正門に飾られた笹ですが、正確には竹です。
今日は雨や少し強い風が短冊や飾り付けをたなびかせておりました。

7日まで、行っております。

20090701tanabata

隠れ小寺さん

いよいよ明日あさって(24日)で、この春の旧ハッサム住宅内部公開は終了します。
2年ぶりの公開ということもあって、多くの方が来られました。

私達も普段入ることができないので、じっくり見させていただきました。
すると大発見!
なんと置いてある家具の彫刻の中に、小寺家の家紋「庵木瓜(いおりもっこう)」が刻まれているではありませんか。

ひょっとするとこの家具は、小寺家のもの?

皆さん、探してみてください。

※相楽園の正門、塀に使われている瓦に「庵木瓜」が見られます。

20090522iorimokko01

営業はしています

昨日、発表がありました通り、現在神戸市では新型インフルエンザの影響で、神戸まつりなどの主催行事の中止や学校などを休校としています。

その中で、市関係の公共施設、つまりここ相楽園などは、入口で衛生管理の注意を呼びかけた上で、開園しております。

ただし、体調の悪い方、発熱などの新型インフルエンザを疑わせる症状がある方は入園をご遠慮いただきますようご協力お願いいたします。
なお各自、咳エチケット・手洗い・うがい・洗顔やマスク着用など、インフルエンザ感染予防対策を行われますようお願いいたします。

幻想的な庭

本日より夜間公開が始まりました。
6日までの5日間。

普段とは違う相楽園を感じてもらえることでしょう。

ツツジにも少しだけライトアップしていますが、新緑のモミジにあてられたライトもすごくきれいです。

本当に暗いので、十分足元に気をつけて歩いてくださいね。

20090502yakan01 20090502yakan02 20090502yakan03 20090502yakan04

旧正月

本日は、旧暦で言うところのお正月。
といっても、ほとんどの方がピンと来ないと思いますが、ここ相楽園のすぐ近くにある元町・南京町では、春節祭が行われています。
http://www.nankinmachi.or.jp/shunsetsu/spring2009/index.html

神戸といえば、異人館街や旧居留地など西洋のたたずまいが多い町ですが、中国のたたずまいもいっぱいあります。
特に南京町は入ると中国に来たようで(といっても私は中国に行ったことはないのですが)、中華料理が大変おいしいです。

最近、景気の悪い話が多いですが、もう一度新年をお祝いし、不景気なんかふっ飛ばしましょう!

20090126syunsetsusai01 20090126syunsetsusai02

15年目になります

1月17日は、阪神・淡路大震災が14年前に起こった日です。
当園でも震災当時の写真を出し、来られた方に見ていただきました。

南側の塀が全部倒れたが、正門だけは残っていた。
燈籠もほとんどは倒れたが、大燈籠は、少し傾いただけだった。
旧ハッサム住宅の煙突は、階下に落下したが、建物は倒れなかった。

さらに今回、ご近所の方に相楽園をはじめ近隣の被災状況写真の提供をいただきました。

被害を受けたもの。
被害がさほどなかったもの。
もちろん、場所や向きなど偶然が重なったこともあるでしょう。

でも、1月17日は自然への畏敬の念を忘れてはならないことを思い出させてくれる日です。

20090117shinsai01 20090117shinsai02 20090117shinsai03 20090117shinsai04 20090117shinsai05

午の刻に厩(うまや)でライブ

江戸時代まで日本での時間の単位は「一時(いっとき)」と言われ、現在の2時間にあたります。
そして1日を12等分して、それに干支を当てはめていました。

午前0時が子(ね)の刻
午前2時が丑(うし)の刻
午前4時が寅(とら)の刻
午前6時が卯(う)の刻
午前8時が辰(たつ)の刻
午前10時が巳(み)の刻
午後0時が午(うま)の刻
午後2時が未(ひつじ)の刻
午後4時が申(さる)の刻
午後6時が酉(とり)の刻
午後8時が戌(いぬ)の刻
午後10時が亥(い)の刻
となります。
昼の十二時を正午といったり、午前、午後というのもその名残です。

冬の寒い時期ですが、正午に「午の刻ライブ」を行いました。

午前に豚汁を振る舞い、正午からむぎさんの歌が始まりました。

あいにく少し雨が降り出しましたが、気持ちも体もあったまる、いいライブでした。

20081221umanokokulive01 20081221umanokokulive02

より以前の記事一覧