研修

イギリスからの研修生 後半

イギリスからの研修2日目は、

前日の続きの四つ目垣を完成させ、
後半は松の手入れ。

相楽園の松は一通りすべて手入れ済みなのですが、昨年の研修で、なかなか出来ない体験だったと好評だったので、今回も行うことになりました。

Img_7171

まずは、事務所でどのように手入れしていくかを学びました。

庭師として京都でも働いていた副園長から、京都のお寺やお庭についての話を聞いたり、また松の手入れの仕方も神戸で普通行われているのと京都のでは少し違うという話を聞いたり、とても勉強になる研修でした。

3日目は松の手入れ実践。

Img_7173

前日習った手入れ法で、実際に脚立に上って作業しました。

Img_7175

そして最終日4日目は、
松の手入れの続きを行った後、後半は、ノコギリの目立てや、はさみの研ぎ方を習いました。

Img_7185

最近では刃が悪くなったら変えてしまう場合も多く、こういった目立てや研ぐのを見るのは初めてだったそうで、とてもいい経験になったようです。

この研修で、私たちもイギリスのガーデンや使っている道具なども知ることが出来たり、とても楽しい4日間でした。

お疲れ様でした!!

イギリスからの研修生 前半

先週はイギリスから2人のガーデナーが、日本庭園について学びに来られました。

初日は、歴史や草花について説明を受けながら、庭園を一周まわった後、四つ目垣作りを学びました。

Img_7143hp

まず庭師の堀之内副園長に丁寧に結び方を習います。

見ていると簡単そうですが、いざやってみると難しい。。習得までなかなか時間がかかりました。

結び方を覚えた後は、実際の作業に取り掛かります。

Img_7149hp

まずは竹をのこぎりで切っていきます。

Img_7151hp

切った竹を留めていき土台を作った後は、いよいよ先ほど練習した『男結び』の出番です。

Img_7165hp

ずれないよう、しっかりと結んでいきます。

Img_7168

だいぶ完成に近づきました。
一日目はこれで終了です。

~続く~

海外からの研修生

先週はアメリカから2人の研修生が相楽園に来られていました。

まずは、日本特有の四つ目垣作りに挑戦!

Img_6360

一つ一つ丁寧に結んでいきます。
男結びと呼ばれるこの結びに、なかなか苦戦していましたが、
初めての体験に、とても楽しんで作業していました。

その後、樹木の剪定をし、1日目は終了。

そして2日目、3日目は、松の剪定

Img_6370

Img_6363

これまた初体験ですが、指導を受けながら熱心に作業していました。

2日間で2つ半の松の手入れを終えることができ、その出来は。。初めてにしては上出来と言ってもらえました。

あっという間の3日間ですが、とても沢山の事を学べ、いい機会になりました。
と言っていただけ、私たちにとっても楽しい3日間でした。

最後はハッピを着て記念撮影!
Img_6371

これからもがんばってください~!